メイクの落とし方次第で、目の茶色いクマの元凶になります

美容ー60.jpg

アイカラーなどのアイメイクを落とすときにメイクをしっかり落とさなければいけないとゴシゴシと強くクレンジングするのが習慣になってしまうと肌が傷んだり酷い場合は炎症を起こして色素沈着し、目の茶色い隈の元凶になります。


日本皮膚科学会の判断の目安は、①酷い掻痒感、②独特の発疹とその広がり方、③慢性更には反復性の経過、3項目とも該当するものをアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と呼びます。


メイクアップでは目立たなくする行為に重きを置くのではなく、リハビリメイクを通して最終的には患者さん本人が自らの容姿を受け入れることができ、復職など社会復帰すること、加えてQOLを今よりも高めることが目的です。


日常的にネイルのコンディションに配慮すれば、わずかなネイルの異常や体調の異常に対応し、もっと自分にふさわしいネイルケアを発見することができるようになるのだ。


メイクアップの利点:メイク後は自分の顔をちょっと好きになれること。顔のニキビ跡・黄ぐすみ・毛穴の開き・ソバカス・傷跡を隠せる。少しずつ美しくなっていくという面白さ。




あまり聞き慣れないリハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、身体にダメージを負った人のリハビリテーションと同じように、顔などの容貌にダメージをこうむった人がもう一度社会に踏み出すために勉強する技量という意味が込められています。


美容悩みの解消には、まず初めに自分の臓器の具合を調査してみることが、解放への第一歩です。ということは、一体どんな方法を使えば自分の臓器の健康状態を確認するのでしょうか。


浮腫みの原因は色々ありますが、気温など季節の作用も少なからずあると聞いたことはありませんか。気温が上がってたくさんの水分を摂り、汗をかく、この頃に浮腫む原因が隠れています。


化粧の欠点:泣いた時にまさしく修羅のような怖い顔になってしまう。うっかり多くなってもケバくなって台無しになる。顔の造形をごかますのには甚だ苦労する事。


「デトックス」というワード自体は目新しくはないが、結局これは代替医療や健康法に過ぎないのであり、医師が施す治療行為とはまったく違うということを知っている人は多くないのだ。




細胞が分裂する速度を助け、皮ふを再生する成長ホルモンは日中の勉強などの活動している際はほぼ出なくて、夕飯を終えてゆっくりと体を休め寛いでいる状態で分泌されると言われています。


メイクアップでは目立たなくすることにとらわれず、メイクアップを介して結果的に患者さん自身が自分の容貌を受け入れることができ、社会復帰を果たすこと、そしてQOL(クオリティーオブライフ)を更に上げることを目的としているのです。


リハビリメイクという言葉には、肉体的に損傷を受けてしまった人のリハビリテーションに等しく、外見にダメージを負った人がもう一度社会へ踏み出すために習うテクニックという意味があるのです。


例を挙げるなら…あなたは今、PCを眺めながら頬杖をついているのではないでしょうか?実はこの体勢は手の平からの圧力をめいっぱいダイレクトにほっぺたに与えて、皮膚に対して負荷をかけてしまうことに繋がっているのです。


現代社会を生きる私たちは、日を重ねるごとに体内に溜まり続けるという怖い毒を、色々なデトックス法を用いて体外へ排出し、ワラにもすがる想いで健康体になりたいと皆努めている。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント